2010年11月30日

iAd でクラッシュ

所詮は自分の確認ミスですが、言い訳を少し。
iOS4.2からiAd仕様が少し変わった。
iOS4.2で起動するとデバッグ画面に下記のメッセージが出る。

ADBannerView: ADBannerContentSizeIdentifier480x32 is deprecated,
please use ADBannerContentSizeIdentifierLandscape instead

つまり、次のように変更するようにとのお達し。

ADBannerContentSizeIdentifier320x50 ⇒ ADBannerContentSizeIdentifierPortrait
ADBannerContentSizeIdentifier480x32 ⇒ ADBannerContentSizeIdentifierLandscape

それに単純に対応してしまった。
iPad対応の兼ねて名前をスッキリさせたんだね。くらいにしか思っていなかった。

ところが、これ iOS4.1以前には通用しない。それもクラッシュすることが解った。
結局、元に戻して緊急対応。

クレメモ 0.3.2 ⇒ 0.3.3 を緊急リリース
モチメモ 0.7.2 ⇒ 申請取り下げ(クレメモより先に申請していたが、遅かったので取り下げできた)


ラベル:iOS4.2 IAD
posted by Sum Positive at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

モチメモ 0.7.2 Leaks free

Instruments.Leaks で調べる限りメモリリークが無くなったのでようやく申請準備。

ただ、iAdの動きが変?? シミュレータで現れずに、実機で現れる。これまでは逆だった。
posted by Sum Positive at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CFURLCreateStringByAddingPercentEscapes (CFStringRef)zOriginalUrl に注意

zOriginalUrl は、retain されて戻されるので、release を忘れるとLeakする。


// zOriginalUrl の retainCount は、1
NSString *encodedCmd = (NSString *)CFURLCreateStringByAddingPercentEscapes(kCFAllocatorDefault,
(CFStringRef)zOriginalUrl,
CFSTR(";,/?:@&=+$#"),
NULL,
kCFStringEncodingUTF8);
// zOriginalUrl の retainCount は、2
[zOriginalUrl release]; //これをお忘れなく。

<<訂正>>
オーナー移管されていることを忘れていました。
[encodedCmd release];
だけで問題ありません。
zOriginalUrl はオーナーにより解放されます。

ラベル:leak
posted by Sum Positive at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。