2011年02月15日

Git 快適

Xcode4 は、Git に対応するらしいので、先に順次 Git リポジトリへ引越しました。
確かにいいね。

テキトーにしてキッチリ管理できる感じ。 事務的管理者には嫌われるだろうな。
流石、Linus君。<濱野君本の影響




久々の CUI もいいけど、Xcode4 GUI 待ち。

さっき、iOS4.3 から AppleTVでアプリが動くらしい記事あったけど、ほんと?




posted by Sum Positive at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

iOS Provisioning Portal Distribution 手順

毎度のことながら、思い出しながらやっていては無駄なので、ようやく要約することにした。

<<証明書が期限切れになったときの手順>>

*Xcodeーウインドウーオーガナイザーを起動
 Provisioning Profiles から有効期限が切れてこれから取得しようとするProfileを削除する

*アプリケーションからキーチェーンアクセスを起動
 有効期限が切れた iPhone Distribution:証明書 を削除する
 証明書アシスタントー認証局に証明書を要求(鍵ペア要求)

*Safariを起動(Safariでなければ正常に動作しない経験あり)
 iOS Provisioning Portal にログイン

*iPhone Distribution:証明書を作成
 CertificateーDistributionタブ
 有効期限が切れた証明書を削除(Revoke)する
 ファイル選択より先ほど要求し生成された証明書を指定する
 リロードしてDownloadボタンが現れたら押す
 Downloadされた*.cerファイルをダブルクリックするとキーチェーンアクセスに登録される

*AppIDは登録済みとする

*iPhone Provisioning Profileを作成
 ProvisioningーDistributionタブ
 有効期限が切れたProfileより EditーModify
 Submit
 リロードしてDownloadボタンが現れたら押す
 Downloadされた*.mobileprovisionファイルをダブルクリックするとオーガナイザーに登録される
 
* XCodeープロジェクトーアクティブターゲットを編集
 Distribution構成
 コード署名IDーiPhone Distribition: が選択する


*** 最初の頃は、証明書やProvisioningを削除したり変更するとアップデートの際に、
*** 違うアプリになってしまうのではないかと心配だったが、あくまで開発のための認証用。
*** アプリは、iTunes Connect にある Identifiers で管理されているようだ。
*** だから、証明書もProvisioningもAppIDさえも変更可能だ。
*** (AppIDは、APNotification, In App Purchase, Game Center には影響する)
*** 実際に何度か変更しているが、今のところ問題は無い。

以上
 
posted by Sum Positive at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。