2011年02月10日

iOS Provisioning Portal Distribution 手順

毎度のことながら、思い出しながらやっていては無駄なので、ようやく要約することにした。

<<証明書が期限切れになったときの手順>>

*Xcodeーウインドウーオーガナイザーを起動
 Provisioning Profiles から有効期限が切れてこれから取得しようとするProfileを削除する

*アプリケーションからキーチェーンアクセスを起動
 有効期限が切れた iPhone Distribution:証明書 を削除する
 証明書アシスタントー認証局に証明書を要求(鍵ペア要求)

*Safariを起動(Safariでなければ正常に動作しない経験あり)
 iOS Provisioning Portal にログイン

*iPhone Distribution:証明書を作成
 CertificateーDistributionタブ
 有効期限が切れた証明書を削除(Revoke)する
 ファイル選択より先ほど要求し生成された証明書を指定する
 リロードしてDownloadボタンが現れたら押す
 Downloadされた*.cerファイルをダブルクリックするとキーチェーンアクセスに登録される

*AppIDは登録済みとする

*iPhone Provisioning Profileを作成
 ProvisioningーDistributionタブ
 有効期限が切れたProfileより EditーModify
 Submit
 リロードしてDownloadボタンが現れたら押す
 Downloadされた*.mobileprovisionファイルをダブルクリックするとオーガナイザーに登録される
 
* XCodeープロジェクトーアクティブターゲットを編集
 Distribution構成
 コード署名IDーiPhone Distribition: が選択する


*** 最初の頃は、証明書やProvisioningを削除したり変更するとアップデートの際に、
*** 違うアプリになってしまうのではないかと心配だったが、あくまで開発のための認証用。
*** アプリは、iTunes Connect にある Identifiers で管理されているようだ。
*** だから、証明書もProvisioningもAppIDさえも変更可能だ。
*** (AppIDは、APNotification, In App Purchase, Game Center には影響する)
*** 実際に何度か変更しているが、今のところ問題は無い。

以上
 


posted by Sum Positive at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

iTune Store App 公開取り下げの方法

が、ようやく解った。

クレメモ 0.3.2 iAdクラッシュ被害を広げないために、メッセージ表示だけでは手緩い。
何とかアップデートを中止させようとしたが、管理画面のどこにも見当たらない。

審査中の取り下げは可能だが、公開後の取り下げが無い。
ググッても出てこない。
管理画面にあった FAQs を見ていて、それらしきQ&Aを発見。

公開後の取り下げはこれだ!

 ・App Information から
 ・Rights and Pricing に入る
 ・最下行「Or, you can select specific stores here.」の here をクリック!
 ・販売国の一覧が現われる
 ・Deselect All
 ・Save
 ・アプリ販売中止になる

本当に、これしか方法は無いのだろうか?
リリース単位の取り下げが欲しい。

注意!リリース単位でないから、次バージョンが審査完了したら同様の手順で Select All に戻すこと。

posted by Sum Positive at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

CFURLCreateStringByAddingPercentEscapes (CFStringRef)zOriginalUrl に注意

zOriginalUrl は、retain されて戻されるので、release を忘れるとLeakする。


// zOriginalUrl の retainCount は、1
NSString *encodedCmd = (NSString *)CFURLCreateStringByAddingPercentEscapes(kCFAllocatorDefault,
(CFStringRef)zOriginalUrl,
CFSTR(";,/?:@&=+$#"),
NULL,
kCFStringEncodingUTF8);
// zOriginalUrl の retainCount は、2
[zOriginalUrl release]; //これをお忘れなく。

<<訂正>>
オーナー移管されていることを忘れていました。
[encodedCmd release];
だけで問題ありません。
zOriginalUrl はオーナーにより解放されます。

ラベル:leak
posted by Sum Positive at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。